kaishi0327’s blog 正しいレーザーポインターの使用方式

http://www.buyshopes.com/20000mw-laser-blue-c019.html

半導体緑レーザーポインターのフィールドパターンが楕円形になる

レーザーポインターの特徴ではなく半導体レーザーの特徴です。
今はレーザーポインターと言えば半導体レーザーですが、
かつてはHe-Neレーザーが使われていました。

半導体緑レーザーポインターのフィールドパターンが楕円形になるのは、
光共振器の形状が構造的に非常に薄い板状だからです。

ニア・フィールド・パターンは板の垂直方向に潰れた楕円形、
ファー・フィールド・パターンは板の垂直方向に伸びた楕円形
になっています。
5mw レーザーポインター レッド
私たちが目にするのはファー・フィールド・パターンです。

ニア・フィールド・パターンは光源の形状の影響によります。
ファー・フィールド・パターンは光源から出る光の方向の
均一性に影響されています。

レーザーポインターを地面に対して垂直に向け、地面に光を照射しているとします。
このカラスレーザーポインター色を地面に対して水平になるまでに、地面に光が照射

された道筋を考えます。
条件として、地面が平面であり、無限に続くとすると、光は垂直~水平までの角度のうち、適した角度に合わせれば、光の道筋のうち任意の場所を光で照射できるはずです。
逆に考えれば、レーザーポインター強力が水平になるまでに地面の光の道筋全てに光を照射することを経るわけです。
ここで疑問なのですが、地面を無限と考えると、無限遠先まで光を照射する必要があるために、水平にならないのではないか……と考えついてしまったわけです。
つまり、無限ですから、どれだけ先を照射させようが、そのまた先があり、これが繰り返され水平線が漸近線のように思えてきました。
アキレスと亀のような単純な話なのか? 極限考えれば水平になるか……思うのですが、いかんせん頭がこんがらがってしまい、いまいち思考が止まっています。