kaishi0327’s blog 正しいレーザーポインターの使用方式

http://www.buyshopes.com/20000mw-laser-blue-c019.html

レーザー光放出をお知らせする表示の義務

レーザー出力安定化回路の搭載義務

高出力レーザーポインター 格安
万が一基盤に故障が起きても強力なレーザーが放出されないよう、安全回路設計が必要になります。
安全な回路設計には当然開発時間とコストがかかりますが、消費者の安全が守られることになります。
また、レーザーポインター外国製の出力安定化は難しく、さらに開発コストがかかる構造になっております。
よって、相場よりあまりにも安価で販売されている製品はPSCマークを取得していない(安全回路設計がなされていない)危険なレーザーポインターである可能性があります。このような製品は万が一目に入ってしまうと失明するほどの危険性もありますので絶対に使用しないようにしてください。

レーザー光放出をお知らせする表示の義務
レーザーポインター 鳩退治を放出していることをお知らせする表示が義務づけられております。
レーザー放出お知らせ表示は通常LEDランプを設置しますので、こちらもやはり製造コストは上がりますが、誤ってレーザー光を人に指すことを避けることで消費者の安全が守られることになります。

天体観測する際に星座をガイドしたいのですが?

超高出力レーザーポインターから光線を照射するとスクリーン等にドット(サークル/ライン/クロス)が表示されますが、大気中ではどのようなクラス2・レー ザーポインターを用いても非常に強力な光線を発生させるレーザーショーのようには途中のビームは見えません。天体観測する際に星をガイドされるのでした ら、頭上からある程度の距離を保って透明ビニールシートや透明アクリル板を設置することによりクラス2・グリーンレーザーポインターを照射してガイドしてくださ い。(その際はくれぐれも反射光が目に入らないようご注意ください。また双眼鏡や天体望遠鏡等の光学機器を通してはレーザー光線を絶対に見ないでくださ い。)海外製レーザーポインターの中には非常に強力な光を発生させる製品が存在しますが、大気中でビームが見える強力なレーザーポインターの製造販売や輸 入販売は日本国内では違法ですのでご注意ください。このような製品で星空をガイドすると、頭上の電線や電柱の金属部分、建物、交通標識/カーブミラー等で 光線が思わぬ方向に反射した場合に、自分や第三者に危害を加える恐れ入りますがありますので絶対に使用しないでください。また、航空機運行に対する妨害行 為としてアメリカでは逮捕者が出ています。星空観測会でこのような強力な海外製レーザーポインターを使っている行為を見かけたならば即刻中止するようにし てください。

 http://kaishi0327.over-blog.com/

yaplog.jp/kaishi0327/